2012年07月14日

う〜ん、去年のことは去年で済んでたかもしれないがこれはいかんだろう

昨日、galerie weissraum の藤井さんに話を聞いて、去年こんなことがあったらしい。
Osaka Canvas Project“CONE AND THE CITY PROJECT” CONE AND THE CITY PROJECT  魚拓
実は私も藤井さんの作品は知らなかった。どっかにありそうかなとは思っていたけど。
っで、去年はコーンは並んだみたいでマスコミにも取り上げられたが、、、。
他にもコーンを使った作品はあるみたいで、
NAOSHIMA STANDARD 2 (直島)
今年も
Traffic Cone Installation with upside-down traffic cones painted white at V&A entrance on Cromwell Road 
あるんだけど〜。
大阪の場合は公募なんでやはり選ぶ側に問題があるんじゃないかと思ってしまう。
まあ、この文章もひどいんだけど。
藤井隆也氏の作品について
「CONE AND THE CITY」実現直前に、京都在住の美術作家、藤井隆也氏の作品が1998 年に京都府主催の芸術祭典・京において、すでに発表されているという報告が、主催者を通してなされました。私たちは実際に作家に会い、実施に関して励ましをいただきました。私たちはこの経緯をふまえ、「CONE AND THE CITY」として、自分たちなりの形で大阪の様々な場所で赤いコーンを用いたインスタレーションを試みます。

なんか、滋賀の教育委員会のお偉いさん方と同じ臭がする。(ご本人曰く励ましてないらしいけどね。)

が、しかしだ。今年2012年の「おおさかカンヴァス推進事業」のチラシには唖然とする。まあ、自分自身も今まで見てなかったんだけど。

表紙の写真はコ〜〜〜〜ンだし。
表紙(8.04MB) 魚拓
裏面にはインタビューが、、、orz
裏面(7.31MB) 魚拓
ため息。以下引用。
Q:このプロジェクトの面白さはどこにあるのでしょうか?
A:自分たちはアーティストではないですが、アイデアがあれば、こうやってサポートを受けられるアート事業というのはそんなにありません。レディーメード(既成品)のコーンを並べるだけで、強い表現性や叙情性を排した作品なので誰でも参加できるプロジェクトです。この面白さを知ってもらい、もっと広げたいと思っています。

ふんたら猛々しいとはこの事かとさえ思ってしまう。去年の展示のことは置いておいて、今年、何事もなかったのごとく「自分たちの作品でござい〜〜。」大阪府はそれを企画してチラシにして配る。
いいのかこれで、大阪のアートは。
このホームページに掲載されている写真・イラスト・音声・動画及び記事は著作権の対象となっており、
著作権法により保護されています。無断使用・無断転載を禁じます。
コピーライトマーク Copyright 2010-2012 Osaka Prefecture, All rights reserved.

って書いてあるねんけど、藤井さんの作品のオリジナリティーはどうでもいいのか?
posted by 金銀堂 at 14:22| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

納豆

なんとなく検索すると通信販売で買えることが判明。

posted by 金銀堂 at 08:25| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

失われた日記

サーバーが壊れてなくなっていた日記の原本を家のパソコンで発見。恥ずかしいが復活させた。まだ、 1999年分と2000年分は見つかっていない。

やはり残しておくべきかと思う。

posted by 金銀堂 at 09:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長時間露光

朝早く目が覚めてしまったので「おはようコール」を見ていると 「ピカピカアーティスト」というのが放映されていた。Youtubeで人気なんだそうだ。っで、ふ〜ん。

2006年の文化庁メディア芸術祭の優秀賞なのね。

っで、

どう違う?はい、アニメーションなんですね。

結婚式の余興としては確かに面白いはな。

posted by 金銀堂 at 06:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

あひる

なかなか良く出来ている

posted by 金銀堂 at 16:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

あひるちゃん

今週末でアヒルちゃんは居なくなるので見てきた。

前寄ったときは夜だったので、、、。

夜の後姿

ちょっと不気味。

昼間だと、

昼間の姿

なぜか、京阪電車を入れて写真を撮れという意味不明な要望があるが、
あまりにも遠いので不可能でありました。

posted by 金銀堂 at 13:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

改めて思ったこと

北國新聞より

 

 ◎金箔飾り、無念の撤去 金沢・広坂通り沿い 市に苦情「美しくない」

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20081228104.htm

広坂通りのところに地元の青年部が金箔オブジェを飾ったら、市に苦情が来て撤去ということに。
アナムーとかで大野庄用水のところとかに作品があったので同じようなことをしてやろうと思ったのでしょう。

やっぱりアーティストって特別な能力がある人なのよね。

posted by 金銀堂 at 14:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アートじゃなくてデザインの話だけど

今朝、よみうりテレビのウェークアップ! プラスでデザイナーの喜多俊之氏を取り上げていた。

っで、氏の言葉の中に、

(喜多俊之)
「プロダクトデザインはアートと違って
使い手のことを考えてデザインしなくてはならない」

http://www.ytv.co.jp/wakeup/special-report/sr_main20090117.html?date=20090117&number=2

っというのが。放送では「芸術家と違って、、」っというように言っていた気もする。
は〜ん、アーチストにコンプレックス抱いているんだ。いい歳をして。

プロダクトデザインの話をするときにアートの話を引き合いに出す必要はないであろうに。

posted by 金銀堂 at 14:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

原点の一つ

SN390043

今の自分の原点の一つであろう作品を見る為に数年ぶりに訪問。14年ぶりに見る。
原点の一つか。いや原点かもしれない。

やっぱりいい美術館だ。

posted by 金銀堂 at 12:50| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

キューピー

なっちぃのキューピー

なっちぃのキューピー。ジーパンのポケットに携帯をいれてぶらぶらしていたら1週間ですっかり汚れてしまった。もうすぐ 「黒豆なっちぃ」になりそう。
これって、キューピーの顔を見ていると牢屋のなかのキューピー状態だ。

posted by 金銀堂 at 17:28| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

ドルトムントにて オープニング

アン

アン・ゼーバッハと。

ルッペ

ルッペ・コセレックと。

posted by 金銀堂 at 06:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

ドルトムントにて 新聞

新聞

WR紙他1紙に載りました。ドルトムントの地方面みたいなもののようです。

posted by 金銀堂 at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ドルトムントにて

キュンストラーハウス・ドルトムント概観外壁工事中

UのサインのあるビルUのサインのあるビルも改装中。ミュージアムになるらしい。

 

posted by 金銀堂 at 04:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ドルトムントにて

サイモン+笹岡

サイモンと再会

posted by 金銀堂 at 21:28| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

大阪の文化

英語の大阪の地図を探していてなんとなく見えて来たもの。

大阪府のサイトの英語版でのカルチャー

Bunraku、Rakugo、Manzai、Kabuki、Drama、Century Orchestra Osaka、Sen no Rikyu、Ihara Saikaku、Yamagata Banto、Yosano Akiko

っだそうです。

でも、大阪市のサイトの英語版のカルチャー

 Ihara Saikaku、Chikamatsu Monzaemon、、、Amemura、、、

よく似たものです。

っでも、大阪21世紀協会が作っている大阪ブランド情報局というサイトではちゃんとアートとして現代美術が取り上げられています。 アート以外もまともかと。

役所の行政情報は翻訳で言語が多いのもいいけど、観光とかの情報発信が外に出せばよいかと。

 

posted by 金銀堂 at 17:11| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

大阪

SAPBの最終号 (これで廃刊)の表紙に

「芸術文化は関係ない」と思う大阪市民 25.5%

っと大きな文字で。別統計だが全国調査では10.5%。やっぱり大阪ですな。っで、儲けたお金は何に使う?

posted by 金銀堂 at 16:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

バルーン

意味不明。写真

posted by 金銀堂 at 17:22| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

神戸ビエンナーレのまとめ

神戸ビエンナーレが終わって、神戸新聞が座談会形式で振り返っているのだが、 座談会形式にすることで問題点や課題を見えにくくしている。

ようは「B」記者の部分だけで話は終わる。

B 現代アートに写真、陶芸、生け花、日本画、洋画、ロボットアート、大道芸…。 多彩な内容だったが、 盛り込み過ぎで散漫になった感じもする。

B 現代アート部門はユニークな作品もあったが、全体に低調。 深い感動につながる作品は少なかった。

B 震災をテーマにした精神性の高い展示など印象深い作品もあった。一方で、 「美大の学祭レベル」 と切り捨てる美術ファンも。美術愛好家と、アートに親しみの薄い観客の反応が分かれたかもしれない。

B 立体アートは、高い天井や広い空間でないと生きてこない作品が少なくない。 そういう意味で、 展示空間として限界を感じた。「合わせ鏡」で空間を広く錯覚させたり、闇の中に映像を流すものなど、 パターン化する恐れもある。 いっそのこと、野外アートと屋内アートを分けるべきでは。

B 公募のみでは、レベルの向上は難しいように思う。 総合監督がいないと責任の所在があいまいで、 全体を貫くポリシーや美学にも欠ける。

B 二年後はあっという間。次回開催に向けて、コンテナの使用、 監督制導入の是非も含めて議論すべきだろう。

この内容には異議はない。あと、 一応ジャッジメントを受けている公募展と御手盛りのお花の展覧会を対等に並べたことへの評価を付け加えて欲しい。 まあ、出来ないだろうけれども。

A記者:司会者役で取りまとめ。興味も無いし、資料を見ただけ。

C記者:肯定的な意見を書く為にあてがわれているだけ。 B記者への反論にはなっていない。

まあ、新聞だし。因みにこの記事のタイトルは 「アートの魅力発信は成功 神戸ビエンナーレを振り返る」。

でも、次は無いと思う。なぜかって。勝手な想像ではあるが、 運営に関わっていた関係者の皆様の目標が達成されたであろうから。

posted by 金銀堂 at 13:05| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

神戸ビエンナーレ

とりあえず、招待券がもらえたので行ってきた。

前から引っかかっていること。やっぱりお花いらない。

ビエンナーレの実行委員長間伐材作品が入ってすぐの一番良い場所においてある。 これって何なのか。

結局「現代アート」という名前を利用して、お花の皆さんの展示会を政治力によって開催したの?っていう感じ。

気になった作品は小吹さんとおなじような感じか。 感想と評価はちがうけど。

前に射手座でみた山本さんの作品がまわりに比べると気になる存在であった。

全体の作品は公式ページでどうぞ。

来週でおわりです。

posted by 金銀堂 at 20:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

大須あかね

posted by 金銀堂 at 17:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする