2014年04月29日

GWのデジタルアンプ電子工作

ゴールデンウイークなんで以前から気になってたもので工作を。
TA1101B+UAC3552Aな
10W+10WステレオD級アンプモジュール(USBI/F付き)を。

IMG_0853.JPG
写真2

っな感じですがUSBで音を出す気が無くってデジタルアンプだけ欲しいので、ブチブチブチ!っとUSB音源の足を野蛮に切断。

写真3

きれいに掃除。

写真4

元が、○acの中でUSB接続されてたけど電源が5Vで駆動したかったらしいのでこの基板、5Vを12Vに昇圧してデジタルアンプを動作、12Vを5Vに降圧してUSB音源を動作させてるとのことみたいなのでその辺りの昇圧回路、降圧回路も除去。

写真5
そして変なショートとか無いように確認して電源をジャンプ。

写真6写真7

もっと不要な部品もあるだろうけどまあいいかっと。
っで入力はというと

写真9

のコンデンサを除去したところで、近くのランドでGNDも準備。SLEEPのショートは取らないと動きませぬ。
っで、1枚目は展示用に使ってる奴に放り込んで、
写真11
トランス電源だったのをスイッチング電源に。後を触るとやけどするぐらいだったのも無くなったし。

2枚目は事務所のPCのスピーカーに。
写真10
さすがに入らなかったので余ってたケースがしっぽに。
事務所のPCのスピーカー。今までトークのビデオを編集していてもモゴモゴ言って何喋ってるんか聞き取れなかったのがちゃんと聞こえるように。っというかちゃんとラジオ聞いてもステレオになるし。
まあ、所詮1000円ぐらいのスピーカーだったんで低音とかは期待できないけど、安物のアンプのICは所詮その程度ということを再認識。

さすがりんごのマークの会社の名前が入っているだけのことはある。
写真8

いろんな人のブログを参考にしました。細かいところはググって下さい。あくまでも自己責任で。


posted by 金銀堂 at 17:47| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気、電機、電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック