2005年04月03日

デジタルアンプ

ちょっと、 こんなものを作って見ました。なかなかのもんです。

実は、この間NPO法人にあったアンプが壊れた。話によると片方だけ音が出なくなり、1日後、両方音が出なくなったらしい。もう、 原因を調査するのも大変なので、ちょっといいやつをっと考えた。

上のデジタルアンプを作る前に修繕と称して、日本橋に行ってベルギー製のアンプのキットを買ってきて組み立ててみたが、どうも、 はずれ品にあたったらしく、片方のチャネルの音が出ない。どうも、ICが壊れてるようなので、諦めて、いっそ遊んでみることに。 持っていって文句をいうのも面倒だし、前から興味のあったデジタルアンプを試してみようということにする。

これですが、 いろんな人が作ってます。っで、電源をどうするか、今までのアンプはトランスにふる〜い巨大電解コンデンサが繋がってただけなので、 ボリュームを上げると「ブ〜」という音がしていた。なら、いっそ電源も新しくということで、スイッチング電源をヤフオクで買ってあてがうことにした。 12V、30W。ちょっと小さいかもしれないが。入力電圧はワイドだし。(関係ないけど)

でも、デジタル的な回路でスイッチング電源を使うのならなんの心配もなく使えるが、 デジタルアンプといえども小さなアナログ信号を入力するのだし、、、ということでなんちゃってフィルタを電源とアンプの間に入れた。 日本橋で買ってきた10uHのトロイダルコイルと1uFの松下のフィルムコンデンサ。

っで、作って鳴らしてみました。なかなかよろしいです。実はこのアンプは3代目になるのですが、 2代目では聞こえていなかった音が聞こえます。オランダから来たビデオ作品の再生に使ってましたが、作品の見え方が違います。 小さい音とかが今まではすっとんでいたようです。

なんちゃってフィルタもなかなか良く動いてくれて、スイッチング電源のノイズを10分の1以下にしてくれてました。 デジタルアンプのよさなんでしょうが、無音時のノイズ、例えば「ザ〜」とか「ブ〜ン」とかが私には全く聞こえませんです。 代打としてパソコンのアンプ付きスピーカーを1週間ほど使ってましたが、論外でした。 ちょっと音のバランスが部屋の関係もあって好みでないのですが、結果的には良かったです。

っというように、仕事が忙しいにも関わらず現実逃避をしてしまうのでありました。次は、イコライザアンプに挑戦か(笑)。 1万円ちょっと出費してしまいましたが満足。

posted by 金銀堂 at 21:53| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気、電機、電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック