2010年02月07日

僕と私

asahi.comより

橋下節、 微妙な変化 民主党には基本「さん」付け

 6日で就任2年となった大阪府の橋下徹知事の記者会見を分析すると、、、、

中略

 「僕」が増え、「私」は消滅寸前――。橋下知事が会見で自分のことをどう呼んできたか松田教授が調べたところ、 こんな結果だった。

また、略。

 関西学院大の野田正彰教授(比較文化精神医学)によると、「私」は立場の違う相手に社会性を持って接する意思表示だが、「僕」 は自分を受け入れ、評価してほしいと甘える言葉でもある。「知事は『私』を使おうとしても『僕』に戻ってしまう。 いつも自分を評価してほしい思いの表れではないか」とみる。

なるほどね。道理で声が大きかったり、 マスコミが取り上げないとすぐにカメラが寄って来るような発言をする訳だ。

posted by 金銀堂 at 21:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック