2001年05月03日

5月3日(木曜日) 晴れ時々曇り夕方から小雨

5月3日(木曜日) 晴れ時々曇り夕方から小雨

今日は朝の11時にプレスの取材がやってくる。眠気を押し8時に起きて再度調整をする。
シノバー氏からもメールが来ている。確認すべきことがかいてあるのでそれに従う。
なかなか点灯しない。9時ごろになったので、蛍光燈を積み直してみる。
本数が相当あるのでA+Sと一緒にやるが大変である。一度全部蛍光燈は床に。
アンテナに傷とかが無いか確認。SASAさんがアンテナを巻込みながら再び
大量の蛍光燈を積んでいく。もう、あんまり時間はない。豊嶋さん達が朝食を展示室まで持ってきてくれる。

積み終わり、電源を入れて少しだけ調整すると蛍光燈はなぜかついた。周囲の音にも反応して一応順調に動くようである。ちょうど、 11時前ごろに。原因がよく分からないのでちょっと不安。

11時ごろ数名の取材記者がやってくる。寝室でごそごそとしているとアンがやってきて、私にも同席するようにという。「気が乗らない」 というと、技術的なことも聞かれるかもしれないからどうしても出て欲しいという。私は気乗りがしないが同席。
ここのディレクターであるピーターがどうも概要を説明している模様。その後アンもなにか説明。ドイツ語なので分からない。 結局アーティスト達も自分の名前が言われたとことだけしか分からない。説明が終わると作品を一通り見せる。

12時過ぎに記者達は帰っていった。一同ほっとする。かろうじて記者がいる間は蛍光燈は点灯していたし。 今夜は伝統的なドイツ料理のレストランに連れていってくれるらしい。8時に出発するとのこと。

展示室に再び行くと蛍光燈がまた点かなくなっている。少しだけ調整してみるがやっぱり点かない。SASAさんとも相談。 どうも長い間点けたままにするとご機嫌が悪くなる様なのでしばらく電源を切ったままにすることに。 3時過ぎSASAさんと小川さんと一緒に街に出掛ける。ウインドショッピングの後はいつもの如くカフェでビール。
6時前になり雲行きが怪しくなってきたので帰宅することに。帰り道、遠くでは雷がなっているようだ。

帰宅後、そろそろ機械も冷たくなっているだろうということで電源を入れてみるがやはりうんともすんとも蛍光燈は点かない。 無線機のメーターの針は異常に振れたまま。
ちょっとまずいんじゃないかということでいろいろとやってみる。やっぱりうまくいかない。再びシノバー氏にメールを書く。

8時になったので食事に出掛ける。ちょっとだけ遠いということでみんなでタクシーで。
なかなか雰囲気のいいレストラン。ヤンスやフィルとかも一緒でにぎやかに。 SASAさんは長年食べたかった豚肉の生ミンチを食べることが出来て満足そう。今夜の食事は徳田さんのアシスタントの2人 (我々からはネーネーズと呼ばれている)と私は無料。いろいろと手伝ってくれたということでご招待であった。 帰宅後はフィルの新しいCDを聞く会があるらしい。(寝させてくれ! でも作品ちゃんと光らない) 帰りはいろいろな人の車に分乗してきたくするがアンとクリストフと私はあぶれてしまい。タクシーで帰宅することに。でも、 時間が時間だけにつかまらず結局歩いて帰宅。帰るとちょうど聞く会が始まったところであった。12時を回っていることもありみんなうとうと。 フィルさえも寝ていた。CDが終わるりみんな目が覚める中でいびきが聞こえる。さてだれのでしょう。

とりあえず明日も朝から蛍光燈が点くようにしなければならない。おやすみなさい。

 

RIM00016
写真その1(Picture No.1):玄関にて

RIM00017
写真その2(Picture No.2):お習字?

RIM00018
写真その3(Picture No.3):こんなんできました

RIM00019
写真その4(Picture No.4):ちょっといろいろと

RIM00020
写真その5(Picture No.5):ロビー

RIM00021
写真その6(Picture No.6):A+S

RIM00022
写真その7(Picture No.7):豊嶋さん

RIM00023
写真その8(Picture No.8):徳田さん

RIM00024
写真その9(Picture No.9):小川さん

RIM00025
写真その10(Picture No.10):プレスの取材を終えて

RIM00026
写真その11(Picture No.11):小川さんの石鹸

RIM00027
写真その12(Picture No.12):徳田さんのお香

RIM00028
写真その13(Picture No.13):豊嶋さんの鉛筆

RIM00029
写真その14(Picture No.14):豊嶋さんのカーテン

RIM00030
写真その15(Picture No.15):カーテンにあるボタンホール

RIM00031
写真その16(Picture No.16):丸窓の石鹸

RIM00032
写真その17(Picture No.17):玄関事務所の窓

RIM00033
写真その18(Picture No.18):バージョン3「二人のために」(for a pair)

RIM00034
写真その19(Picture No.19):広島広場

RIM00036
写真その20(Picture No.20):豚肉のミンチの生肉

RIM00037
写真その21(Picture No.21):お肉

RIM00038
写真その22(Picture No.22):私のメニュー

 

Dear my mother.

Please wait, in English version.

good night.

 

posted by 金銀堂 at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック