2001年04月29日

4月29日 日曜日 くもり時々晴れ ようやく雨が降らなくなってきたかな?

4月29日 日曜日 くもり時々晴れ ようやく雨が降らなくなってきたかな?

今日は日曜日。でも、いつもの如く10時からキッチンで食事。
話題がアンの作品の話になり、夕方にアンの作品のスライドを見せてくれることに。
私たちは一区切りがついているので昼間は美術館に行くことにする。

昼をまわりSASAさんと美術館の位置を確認するがあんまり良く分からない。
結局アンに聞きに行く。ちょうど、リングの反対側で歩いていい散歩になる距離。
日曜日の午後、街のお店は一部の飲食店を除いてすべてお休み。
がらんとした商店街を少な目の人がぞろぞろと散策している。

美術館(OSTWALL MUSEUM)は小ぶりで、「SUPERMAN IN BED」 という特別展とヨセフボイスやアランカプロなどのフルクサスコレクション。美術館の後はお決まりの休憩。 広場では日曜日ということで小奇麗な露店が出ている。ソーセージなんかのスナックやビールやワイン。
パンに挟まったソーセージをおやつに。後は広場を眺めながらカフェでビール。

帰宅すると、徳田さんの石鹸貼りがだいぶ進んでいる。2日間で踊り場の窓はすべて
貼ってしまう予定だとのこと。夕食は宅配ピザにするというのでクリストフが
メニューを持って注文を聞きまわる。

6時過ぎからアンが作品のスライドを見せてくれる。小川さんの展示室で
アンがスライドを使ってプレゼンテーション。公園の芝生を剥いで表札を立てて考古学の掘り起こし現場(でもこれは古代のではなく、 ちょっと前のという感じ)にしてしまうという作品がなかなか面白かった。

SASA談:アンの作品はギャラリーより、人が住んでいない古い住宅とか、もう使われなくなった公衆浴場など、 ちょっと古びた場所での発表が中心のようだ。彼女はその空間が持つ独自の歴史性を掘り起こし、 場所の記憶とでも言うべき物をあらわにしようとしている。

プレゼンテーションのあとは夕食。ちょうどプレゼンテーションが終わったところへ
宅配ピザの配達のお兄さんがやってきた。みんなでピザを食す。他のアーティストは
仕事の続きに。

食事の時にA+Sの作品のセキュリティーの話が話題に。クリストフやアンは
子供もきたりしてアンテナを引っかけたり触ったりすることがあるので柵を
置くかアンテナの配置の仕方を考えて欲しいという。
食事を済ませた後展示室へ。A+Sで相談。とりあえず無線機を蛍光燈に近づけて
人がアンテナのところを通らないようにすることにする。作業は明日。

リビングに戻りしばしうだ話。
A+Sは本格的なビデオ編集に掛かり始めたようだ。
おやすみなさい。


RIM00003
写真その1(Picture No.1):バーベキューコンロ屋さんで発見、DM200ぐらい(The flog)

RIM00004
写真その2(Picture No.2):日曜日の街角(On Sunday)

RIM00005
写真その3(Picture No.3):「会社Tシャツ」("KAISYA" T-shurts)

RIM00006
写真その4(Picture No.4):美術館にて1(In the musium)

RIM00007
写真その5(Picture No.5):美術館にて2(In the musium)

RIM00008
写真その6(Picture No.6):窓に石鹸貼り1(Tokuda and his assistants putting a pice of soap)

RIM00009
写真その7(Picture No.7):窓に石鹸貼り2(Soap putting)

RIM00016
写真その8(Picture No.8):アンのプレゼンテーションにて(The Presentation of Ann)

RIM00017
写真その9(Picture No.9):宅配ピザパーティー(Pizza party)


Dear my mother.

The shops almost was closed in downtown, for today is Sunday, but we can drink beer. :-)  We went to the OSTWALL MUSEUM.

In the evening, Ann had the presentation for her works to us. I was interresting in it. Today's dinner is Pizza party but it is a home delivery.

Then we had one probrem. It is a security of our works. Ann and Cristoph said "A visitor might touch the antenna and children come to here too. Is it possible that you put a fence around the work?" A+S dont't want to put it, and they hope that a visitor enjoy thier works near at hand. They had a discassion. They decide a measure. Tommorw, we move the radio near the pillar center the room.

good night.

 

posted by 金銀堂 at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック